人事労務ニュース
人事労務ニュース

文書作成日:2021/08/17

2020年度に12.65%に上昇した男性の育児休業取得率

 先日、厚生労働省から「令和2年度雇用均等基本調査」(以下、「調査」という)の結果が公表されました。この調査は、男女の均等な取扱いや仕事と家庭の両立などに関する雇用管理の実態把握を目的に厚生労働省が実施しているものです。調査結果のうち、政府において重点課題となっている男性の育児休業取得率等を確認しておきましょう。

[1]男性の育児休業取得率
 男性の育児休業取得率は2020年5月29日に閣議決定された少子化社会対策大綱で、2025年に30%という数値目標が立てられており、目標実現のための施策の実施が進められています。これに関連して、今回の調査の結果を見ると、2020年度の男性の育児休業取得率は12.65%となり、2019年度の7.48%から5.17ポイント上昇し、調査以来、過去最高となりました(下図参照)。ただし、このうち、育児休業期間が5日未満の割合は28.33%となっており、比較的長期間の育児休業を取得する女性と比較し、短期間に終わっているケースも多くあることがわかります。※図はクリックで拡大されます

[2]育児短時間勤務制度等の利用可能期間
 育児短時間勤務制度は、法令で子どもが3歳に達するまで利用できる制度を導入することが義務となっています。この制度について制度を導入している企業における最長利用可能期間の状況を確認すると、「3歳未満」が55.7%と最も多く、「小学校就学の始期に達するまで」が15.0%、「小学校入学〜小学校3年生まで」が11.5%と続いています。 

 次に、所定外労働の制限についても、法令で子どもが3歳に達するまで利用できる制度を導入することが義務となっています。この制度について制度を導入している企業における最長利用可能期間の状況を確認すると、「3歳未満」が 49.6%と最も多く、「小学校就学の始期に達するまで」が26.7%、「小学校卒業以降も利用可能」が6.7%、「小学校入学〜小学校3年生まで」が6.3%となっています。

 このように法令を超える取扱いを設けることで、仕事と育児の両立が図れるようにしている企業が多く見られます。

 改正育児・介護休業法は、2022年4月より順次施行されることになっています。今後、育児・介護休業規程を見直す必要も出てくることから、自社の現行制度において問題を洗い出し、見直すきっかけにしてもよいでしょう。

■参考リンク
厚生労働省「令和2年度雇用均等基本調査」
https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/71-r02.html
内閣府「少子化社会対策大綱」
https://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/law/taikou_r02.html


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。




8月1日から雇用保険手続きで一部省略が可能となる運転免許証・通帳等の写しの添付2021/08/10
引き続きトップとなった「いじめ・嫌がらせ」の相談件数2021/08/03
障害者雇用において求められる合理的配慮とハローワークへの相談2021/07/27
重要となる職場の熱中症予防対策2021/07/20
精神障害にかかる労災の支給決定件数 過去最高の608件2021/07/13
2020年の労働災害発生状況と高年齢労働者が安心・安全に働ける職場環境づくりを支援するのための補助金2021/07/06
女性活躍推進法における一般事業主行動計画の策定等が義務となる事業主の拡大2021/06/29
過重労働解消キャンペーンによる労基署調査対象事業場の71.9%で法令違反 2021/06/22
新様式となる母性健康管理指導事項連絡カード2021/06/15
年次有給休暇にまつわる実務上間違いやすい留意点2021/06/08
新型コロナの小学校休業にかかる休暇・妊婦の母性健康管理の休暇に対する助成金2021/06/01
厚生労働省の履歴書様式例 性別欄を任意記載欄に変更2021/05/25
5月から変更された雇用調整助成金の特例措置等2021/05/18
次世代法の一般事業主行動計画策定と指針改正2021/05/11
新型コロナの影響でシフトが減少した人の雇用保険の特例等2021/05/04
お問合せ
双田社会保険労務士事務所
〒700-0971
岡山県岡山市北区野田
4丁目1番7号
TEL:086-246-6064
FAX:086-805-2622